2017年3月31日金曜日

樹脂の物置



お世話になります。


カスタマーサポート 鈴木です。


段々暖かくなって来ましたね~
皆様如何お過ごしでしょうか?
お子様も春休み真っ最中ですね~ 外で走り回りたい気分ですね


さて今回は、樹脂の物置をご紹介しますね


お客様からご依頼があり海外から輸入致しました。
弊社のコンテナ搬入の為納入に少々お時間はかかりましたが・・・・・


組み立てに少しだけお手伝いして来ましたぁ~


まずは設置する所に土間コンクリートが打設してありました。水が溜まらない様に勾配がついているので物置の下は水平にする必要があります。
土間コンクリートがない場合はブロックで基礎を作って木で下地を作ったりベタ基礎で土間を打って平らな面を作ります。
土間コンクリートがあったのでまずはモルタルで平らな面を作ります。
こんな感じです。














3cmから5cmで土間コンクリートの上にモルタルを敷いて平らな面を作ります。


乾いたら次の工程です。


まずは敷プレートを設置し大きさによりますがジョイントにビス止めです。














そして壁を設置します。
写真がなく申し訳ございませんが床のプレートに穴が空いていてその穴に入れスライドさせて設置します。
その時1枚がコーナー部分を90度に折り施工されるように設置します。


そして壁と壁を接続するプラビスで固定します。
中央付近に黒い物が見えますよね
6角になっているのでくるくる回して連結していきます。
この6角で締める道具は付属品で入っていますのでご安心を!














次に屋根下地の鉄骨をはめ込みビスで固定です。


















次に屋根を乗せます。
屋根を乗せる時は順番があり棟付がないのが先に設置し棟付を後に乗せます。














そして補強材をビスで止めて行きます。
屋根と屋根の接合部分もパッキン付きのビスで止めます。














後は建具の取り付けです。


言い忘れましたが、建てる前に下準備をしておくと良いと思います。
今回は先行で、妻の三角に風穴が付いていたので網を張って、建具に明り取り、そして妻の三角に補強材、屋根下地の鉄骨を先行で組建てを行いました。














こんな感じで~す。

完成したのが


じゃじゃぁ~~ん (*^^)v














で~す。
私も少しだけお手伝いしたんですけど
ご主人がほとんど一人で作ったんですが1日半だなっておしゃっていました。
土間の基礎は別ですけど・・・


道具はドライバー、スパナ、カッターナイフ、脚立でゴムハンマーがあればいいそうです。


説明書通りにやれば結構簡単に出来るぞと言ってました。
説明書と言っても英語なので、絵で十分解るそ~です。


ど~ですか (=゚ω゚)ノ
樹脂物置に興味のある方はご一報下さいね~
サイズはいろいろ選べると思いますので、ご相談下さい。


自転車置き場としても使えそうです。3~4台入りそ~な大きさでしたよ !


是非皆さまもトライしてみては如何ですか !(^^)!


組み立てに時間がない方は弊社でも基礎、組み立ても行ってますのでご心配なくご相談して下さい。
お客様からのお声がけは本当に嬉しいです。
どんどんカスタマーサポートにご相談して下さいね一緒にエドモントン住宅をバージョンアップさせて行きましょ~ 
私で良ければお手伝い致しますので (*^^)v


これからどんどん暖かくなって来ますね
桜ももう少しで咲きはじめますね
これからもエドモントン住宅をよろしくお願い致します <m(__)m>


では今回はこの辺で失礼致します。