2018年5月29日火曜日

排水ゴボゴボ音

お世話になります。
カスタマーサポート鈴木です。


段々暑くなって来ましたね~ (+o+)
嫌な梅雨の時期ももう少しですね (*_*;


雨が降ると工事現場も大変です。雨用の段取りに切り替えたり職人さんに中止の段取りしたり・・・・・
何かと工事が遅れ気味になってしまうのもこの時期です。 (^-^;


皆様は如何お過ごしですか?


今回はお客様から洗濯機の排水を流すと洗面からゴボゴボと音がするとご指摘を受け水道屋さん同行でお客様の所へお伺い致しました。


水道屋との前打ち合わせでいろいろ状況や配管ルートの確認をし最終的に排水管に低位吸気弁を取り付ける事に話がまとまり、お客様にご了解をして頂き取り付けをして来ました。
ルートは
洗濯機と洗面の排水が50Φの排水でつながりメイン管に排水しています。
そこで大量の洗濯機の排水により排水管の中の空気が引っ張られ洗面のトラップに溜まっている水が動きゴボゴボ音がしてしまう現象が起きてしまうと考えられます。
そこで空気を吸い込んでくれるのがこの吸気弁です。
これがこの商品です。
じゃじゃぁ~~~~~~~ん
これを排水管に接続しま~す。
排水管をカットし取り付けします。
説明書には40mmカットする事が書いてあったので説明書通りカットします。
まずは配管のはずしからです。
トラップ内に水が溜まっているのでなるべくこぼさない様にバケツを受け排水管をはずします。






排水管をはずしたら説明書に書いてある寸法でカットします。
今回はパイプカッターにてカットしました。
こんな感じです。
40mmカットしたら曲がりの部材と切った残りの直管で先程の吸気弁を挟み込み、取り付けします。
そしてはずした管に接続し直します。


















ジャジャジャジャーン
これで取り付け完了で~~す。


















最後に漏れのチェックをします。


















それですべて完了です。
取り付けには少しスペースが必要になって来ますのでご注意下さい。
今回は後ろに取り付けスペースがありましたのでベストな状態で取り付けられましたが狭い場合は収納スペースが狭くなる可能性がありますのでご了承して下さい。
接続する排水管の径の確認もお忘れなく!


もし排水でゴボゴボと音が気になる方がいましたら一度トライしてみては如何ですか?
材料代は掛かってしまいますがもし解らなければお手伝いしますよ~~~ (=^・^=)
まだ最終的にお客様に平常通りお使い頂いてゴボゴボ音がなくなるか確認段階なのでまたお客様確認後このブログで報告しますのでしばしお待ちくださいませ 
<m(__)m>


今回はスマホにて撮影した為縦の写真になってしまいました。
(+o+)
少しスクロールが多くなってしまいましたがお許し下さい。
(;^ω^)


それではこれで失礼致しますが何かありましたらどんどんご一報下さいね~
エドモントン住宅を自分好みに!
お手伝いさせて頂きますので一緒に進化させて行きましょう~


今回のお客様にはお時間を取って頂き大変ご迷惑をお掛けしました。
また結果を教えて下さいね
よろしくお願い致します。


では、失礼致します。



2018年4月28日土曜日

玄関ノブ直しです

お世話になります。
カスタマーサポート 鈴木です。


暖かくなりましたね~ (=^・^=)
ゴールデンウィーク突入した方も居ると思いますが
如何お過ごしでしょうか (*^-^*)


さて今回は、玄関のノブがはずれてしまったとご連絡頂きました。


お伺いした所
内部の握り玉がネジのゆるみではずれてしまっていました。












ネジのゆるみかと思いましたが、よく見てみると外部のハンドル内部のネジのはずれでした。
少し内部の写真を撮って来ましたのでご紹介しますね












内部はこんな金具で構成されています。
完成された物がこんな感じなんで












この左右に止めてあるビスがゆるみ内部の金具がバラバラになってしまっていました。
内部の部品を組み立てセット
セットする時にハンドル側に鉄ピンが差し込んであるので












このピンを内部金具のへこみに合わせセット












そして2本のネジを締め内部金物修理完了
後は内部の握り玉を取り付けるんですが、これも特殊な止め方がしてあります。
この止め方は内部ドアの握り玉にも使用している金物もありますので少々ご紹介させて頂きます。
まずは建具に接しているカバーを浮かせます。すると矢の形をした部分が出て来ます。












この矢の形をした部分を矢印方向に細いドライバーや千枚通しなので矢印のへこみに引っ掛けカチッと言うまで回します。
すると握り玉本体がはずれます。
写真ははずして撮影していますがビスのゆるみがある場合は建具に取り付けている状態で外れます。
それで今度は取り付けですが、矢印が下まで下がっている事を確認してはめ込みます。
建具側に金具がセットされています。












この金具のビスがゆるむと握り玉がぐらつく様になってしまいます。
握り玉をはずして締め直しをします。
締め直し反対側のノブで正常に可動するかを確認してから取り付けします。
握り玉を差し込んで












矢印と反対方向に握り玉を回すと












すると矢印の形をした部分が上にスライドしますのでそれで締め付け完了です。
後はカバーを押込み取り付け完了となります。












日本にはない特殊な取り付け方法なのであまり見たことがないと思います。
もし不具合があったら試してみて下さいね~
弊社でもいろいろなハンドルを使用していますのでこの金具が使用されているとは限りませんのでご了承下さい。
ゆるみやなんか最近ぐらぐらして来たな~と思ったらご一報下さいね
お伺い致しますよ


これは雑談何ですが
お伺いしたお宅でなんと
薪割りの真っ最中でしたので写真を撮らせてもらって来ました。












薪割り機にチェーンソー
まだ生木なので薪割りをして2年~3年保管してから燃やすみたいですね~
これも毎年の行事でそして冬には暖炉の炎に揺られゆっくりとした暖かい時間を過ごすなんて考えただけで癒されてしまいますね~
(=^・・^=)


今回はこの辺で失礼致しますが、ゴールデンウィーク中にエドモントン住宅を進化させた方見えましたら是非ご一報下さい。
一度見せて下さい。
よろしくお願い致します。
楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい。
では失礼致しま~す。



2018年3月30日金曜日

木部塗装でイメ~~~ジチェンジ

お世話になります。
カスタマーサポート 鈴木です。


暖かくなって来ましたね~ !(^^)!
桜ももういつの間にか満開 🌸🌸🌸
てか、少々散り始めたかも
弊社の近くにあるみどり川沿いの桜も満開で~す。












今週末は最後の花見日和ですかね~


さて今回はお客様から外部の木部の塗装塗り替えのご依頼がありました。
自転車置き場とパーゴラを白から茶色に塗り替えしたいとの事でした。












こんな感じの物でした。
そして塗装開始です。
既設の劣化している塗装をペーパー掛け後












塗装開始 (*^▽^*)


そしてジャジャァ~ン












ついでにエアコンの室外機のカバーも












白色から茶系の色にイメージチェンジ
ヽ(^。^)ノ
雰囲気も変わり良い感じになったと思いませんか
!(^^)!
木部はどうしても長年雨風にさらされて腐食してしまいます。
こまめな塗装をすると長持ち致します。


もう一つデッキで腐食部分の取り替えもお客様からご依頼もありましたので少々ご紹介いたします。
階段とデッキの踏板です。












階段の1段目がフワフワしていましたので取り替えそしてフロントのデッキ踏板の取り替えです












そこでポイント
新設で施工する時はまずは先行で塗装をしときましょう
隠ぺい部が施工後だと塗装が出来なくなってしまいます。
それと
施工途中でもカットした切り口も忘れずに!












木部の小口は水を吸いやすく一番腐食しやすい部分です。
もしご自分で直す時は忘れずに塗って下さいね~












下地を作り












完成で~す。
後はお客様が既設と共に色を塗られる事になっていたので弊社はここで完了です。
また塗装が出来たら見せて下さいね~
お願いします。


暖かくなって来たのは良いんですが花粉症の方は大変な時期になって来ましたね
(+o+)
エドのメンバーも鼻がぐちゅぐちゅ、目がかゆ~いって言っています。
杉からヒノキに変わるそうですが皆さまも大変だと思いますが頑張って乗り越えて下さいね
(;^ω^)


また先日の見学会も多数ご来場頂きありがとうございました。
これでもう一つエドモントンのお家が増えます。
エドモントンのお家で楽しんで下さい。また何かありましたらご連絡して下さいね
エドモントン住宅をどんどん自分の好みに進化させて行って下さい
末永くお付き合いをお願い致します。
<m(__)m>


では今回はこの辺で失礼致します。






2018年2月27日火曜日

便器下の床が濡れてしまう

お世話になります。
カスタマーサポート  鈴木です。


段々と暖かくなって来ましたね~ (*^▽^*)
春の足音が聞こえて来たよ~な気がします  !(^^)!


さて今回は
便器の床が濡れてしまうとご連絡頂きました。


この時期は便器が結露する可能性があります。便器自体が部屋の温度近くそこへ冷たい水が流れると温度差によって便器が結露する可能性があります。
その結露水が床に落ちるとタイルの目地が少し濡れ色が濃くなります。


今回も時期的に結露の可能性が高いとお伝えしましたが、状況を見せて貰う為にお伺いさせて貰いました。
お客様のお宅で状況を聞くと・・・・・
(+o+)
お伺いした時は何ともなってなかったのですが
かなり床が濡れるとの事で、巾木付近まで床が濡れてしまう事を聞きこれは結露の範囲を超えていると思い、念のため便器を取り外して見る事にしました。
便器を外してみると・・・












あれれ💦💦💦
便座の下が濡れてる・・・・・
取りあえず便器本体を外してみました。












やはり排水廻りの漏れは確認出来ませんでした。
昔の便器はガスケットと言うパッキン代わりにパテで接続廻りの防水を行っていました。
今はほとんどが床に専属の金具を取り付け便器の排水部分を差し込む様になっています。
これが床に施工された専属の金具です。












皆様はなかなか便器の裏は見たことがないですよね~ (^-^;
こんな感じになっています。












左にある丸い穴が先ほどに専属金具の黒いパッキン部分に突き刺さり排水管に流れていきます。
水が触れる部分には結露防止で断熱材が取り付けてあるんですけど、まれに結露してしまうんですよ~ (;^ω^)
便器の排水にはやはり異常なしでしたが、先程、便器を外す途中、便座下が濡れていたのでシャワートイレの漏水を疑いシャワートイレを付けシャワートイレを使うと
ポタポタと・・・












シャワートイレのストレナー付近からポタポタ
(^-^;
ストレナーの差込口より奥の方からにじみ出ていたので本体内部からの故障と判断しました。
ストレナーとはゴミや異物を機械内部に入れて詰まらせない様にする網です。
ほとんどの水道器具に設置されて居ます。
なかなか掃除するのは面倒ですが、水の出が悪くなったとかありましたら説明書に書いてありますので一度掃除してみて下さいね
もちろんご連絡頂ければお伺いして一度見させてもらいますよ!(^^)!
シャワートイレ内部からの水漏れでしたのでメーカー依頼をお願い致しました。
そう言えば以前にもシャワートイレからの漏水があった事を思い出しました。
そのお客様はシャワートイレ一体型で水が便器に伝わらずジワーっとしみてきてポタッ・・・
数分たってポタッって感じでした。














白い突起物がストレナーなんですが水が伝わりポタッって床に落ちていました。
なので結露ではない事がすぐに確認出来ました。
ストレナーの掃除、パッキンの交換をしましたが止まらなかったので内部の故障と判断いたしました。
これもメーカー依頼で処理させて頂きました。
器具の内部的故障はメーカー依頼になってしまいます。
購入時に登録すると保証延長が受けられる器具もありますので新築のお客様は今一度保証書の確認をお薦めします。


何かおかしいとか解らないとかありましたらご連絡して下さいね~
一緒に原因追及して行きましょ~


まだまだインフルエンザが流行っていますがお身体に気を付けてお過ごし下さい。
では今回はこの辺で失礼致します。