投稿

小屋解体! こんな事もやってます。

イメージ
 お世話になります。 カスタマーサポート 鈴木です。 鬱陶しい梅雨が………(@_@) あらら…もう明けてしまった~~~?????? と思ったら、今度は暑い暑い暑い~~~ってなんのって!!! まだ6月って言うのに、いったいど~なってんのって感じですが皆様体調はいかがですか? さて今回はお客様のお母さまのお宅で小さい小屋を撤去出来ないかとご相談を受けました。 まずは現地打ち合わせです。 現地はこんな感じの小屋でした。 そして タンクと風呂おけも片づけて欲しいとの事でした。もう一つ。上の写真の奥に写っているフェンスが外から見えてしまうので見えなくしたいとご相談を受けました。 そこでフェンスの目隠しをどうしようかと思い客様と相談……… アクリル板みたいな物を取付るか、よしずみたいな物を挟み込むかと考えたのですが……… 何か考えてみますと言うことでお客様と後日相談にしました。 いろいろ考えましたが後付けで取付けて風で飛んだり、見栄えがしなかったりするんではないか??? ん~~~ と悩んだ結果 どうやら既製品の目隠しフェンスに取り換え出来る事が判明しました。 さっそくお客様にご相談を掛けました。 同じメーカーなら今の柱を使ってパネルだけの交換で出来る事をお伝えしました。 そしてお客様のOKを頂いて工事スタートです。 フェンスは小屋の解体時に傷が付く可能性があるので解体後にフェンスパネル取替です。 で 小屋の解体です。 上屋撤去後基礎の撤去です。 後はタンクと浴槽を外へ搬出すれば解体は完了でこんな感じになりました。 ジャジャジャジャーン! そして後日フェンスの取り換えです。 既設のフェンスを外し目隠しのパネルに交換です。 解かりますか? 建物のあたりから中が見えにくくなっている事を! 後、オプションでパネルとブロックの隙間に取付る隙間隠しの部品を取付です。 完成しました。 こんな感じです。 今回フェンスは建物付近からの交換でしたので交換させてもらったパネルと既設のパネルの違いは……… こんな感じです。 外が見えなくなってますよね~ いかがでしたかぁ~~~ (=^・・^=) お客様には本当に感謝感謝です。 ありがとうございました。 今回は輸入住宅関係ではありませんでしたが、こんな事も相談にのりますので、ジャンジャン相談してくださいね~ エドモントン住宅でお住みの皆様もエドモントン住

木製ベランダからアルミに!

イメージ
お世話になります。 カスタマーサポート 鈴木です。 コロナもだいぶ落ち着き制限も緩和されて来ましたね~ !(^^)! どこかお出かけしましたか~? さてさて今回は木製の少し大きなベランダの改修工事をさせて頂きましたので少し紹介させて頂きますね~ お客様からご相談を受け打ち合わせを兼ね現地確認をさせて頂きました。 ご希望は腐らない物で取り替えたいとの事でした。 下が駐車場と言うことでスパンが……… 腐らないものだとアルミ? こんな感じのです。 こんな感じでした。 現地を確認させてもらい後はアルミで施工が出来るかの調査です。 で いろいろ確認した所何とか寸法通り出来そうなのでとお客様に報告し最終確認をさせてもらい工事スタートです。 まずはデッキの解体! そして アルミベランダの施工です。 こんな感じで~す。 まずは柱を建てて 梁を取付 この施工が出来たのは既設のステイで倒れ防止が出来たからです。 建物から出ている既設のステイを利用しています。 こんな感じです。 解かりますかね~ 建物から横にステンレスの帯が出ているのがそうです。 そのステイと柱を結束して支えています。 既設の木製デッキも同じように施工してありました。 そして 手すり、床を取付……… ジャジャジャジャ~~~ン 最後に砕石を下に敷き 完成~~~ いかがですかぁ~~ こんな感じで施工をさせて頂きました。 今回のお宅は22年前にエドモントン住宅を建てて頂きましたお客様です。 ありがとうございました。 また何かありましたらご相談下さいね~ そしてエドモントン住宅で楽しくお過ごし下さいませませ。 (#^^#) これからどんどん暑くなります。 あっっ ((+_+)) 梅雨時期でじめじめした季節もありました。 また何かありましたら皆様もご一報して下さいね~ お客様と一緒に考えより快適なエドモントン住宅にして行きましょう~ 今回はこの辺で失礼いたしますが皆様もお身体に気を付けお過ごしくださいね~~ (=^・・^=)

水栓カートリッジ交換

イメージ
 お世話になります。 カスタマーサポート 鈴木です。 皆様いかがお過ごしでしょ~か? 段々暖かくなり過ごしやすい季節になって来ましたね~ ('◇')ゞ ゴールデンウイークも突入ですかね~ さて今回はキッチンの水栓からポタポタと水が落ちるとご連絡頂きました。 で お伺いして症状を聞くと ハンドルの当たりが良いと止まる箇所があるけど……… って言う話でした。 水栓からのポタポタはかなりの確率で内部のカートリッジもしくは内部のパッキンの交換で解消出来ることが多いです。 そこでお客様と相談の上カートリッジ交換となりカートリッジの部品の段取りをし交換をする為に再度お伺いしました。 水栓がデルタのこんな水栓でした。 まずはキッチンキャビネット内にある水道の止水栓を止めます。 このタイプはハンドルの内部にカートリッジが設置してあるタイプなのでハンドルを外します。 赤青のカバーを外し六角レンチでネジを緩めます。 そしてハンドルを外します。 次に上部の部品を外します。 ネジ式だったので左回りにくるくると 順番に外していきます。 今度はスパナが必要になります。 金色の部材を緩めます。 すると金色の筒上の部品が外れます。 これでカートリッジが取り外せます。 後はカートリッジを交換して外した手順の逆に組み立てます。 カートリッジは突起があるのではまる向きで設置します。 水栓の先端からのポタポタはこれで止まる可能性が高いですが水栓の根本やハンドル部分からの漏れはカートリッジ交換では直らない可能性が高いです。 その場合症状を確認しながらの修理になります。 カートリッジが少々高額になりますがもしこんな症状が現れましたらご一報くださいね~ 水栓によってカートリッジの種類やパッキンが違いますので一度ご連絡して下さいね~ 確認に一度お伺いいたしますね~ 暖かい動きやすい季節です。 何か不具合があるところをチェックしてみて下さい。 エドモントンハウスで快適に過ごして頂く為に何かありましたらご連絡して下さいね~ お客様と一緒に考え対処していきますよ~~ん !(^^)! コロナの規制も解除されましたがまだまだ気を付ける必要があると思われます。 皆様も気を付けてゴールデンウイークをお過ごしください。 小さい事でも大丈夫ですのでご一報くださいね~ 時間を合わせてお伺いいたしますので今後ともエドモ